ちーさん×3お帰りなさい。

チャレンジダンジョンのLv.9行ってきました。

今回は、道中で光闇属性の休憩あり、休憩でないところは木属性で弱点をつけると、
久しぶりにユーザに優しいダンジョンでしたね。

1Fと2Fを抜ければ、ミネルヴァの勝利です。(`・ω・´)


画像1

私はこの編成でクリアしてしまったのですが、1F、2Fがキツイという場合は、
赤ソニアを究極タケル君にするといいのではと思います。

彼のスキブ×3があれば、1Fで威嚇が使用可能、回復もこなせる変換で、イシュタルの序盤のラッシュのリカバリも容易になると思います。

(使ってないので、本当に1Fで威嚇が間に合うかは不明…。)


1F、SSがなったのですが、基本防御を使わずに突破する必要があります。
防御を使った場合は、イシュタルを2ターンくらいで沈める必要がでます。

ここはドロップ運に左右されるところなんですが、

2ターンの間、火ドロップを消して、闇ドロップを貯める。
→ 属性変更の手前までできるだけ削る。
→ 闇ドロップをミネルヴァで変換して、木属性から一気に倒す。

そこそこのドロップが必要なので、降ってこなかったらそ運ゴです。(´;ω;`)


画像8

イシュタルは、序盤の2発を耐えればほぼ勝ちです。

2発目(3ターン)はクシナダ姫を使用しなければならないので、1Fで温存しておく必要があります。

イシュタルが休憩するまではそんなに攻撃をする必要がないので、

1ターン目…とにかく回復ドロップを確保するため、回復以外を消しまくる。

2ターン目…暗闇が来る上に、HPを約2万まで回復する必要があるので、
 回復ドロップを消しやすい位置に、動かしておく。

3ターン目…クシナダ姫を使いつつ、真っ暗の中、四角い形のドロップを繋げて回復する。


1ターン目と2ターンで準備をしておけば、そんなに死ぬことはないと思います。


画像9


多少仕留め損ねても、親父が来る前に撃破できればOKです。


画像10


毒でさっくりと処分しましょう。


画像11


W半減できる上、火ドロップを作ってくれるので、耐えながら、敵の変換で攻撃していきます。


画像12


半分を切ると攻撃力が上がり、耐久はできるけど回復量の確保がしんどいので、サクッと倒したいです。


画像13

Σ(゚д゚;)

バインドがあったようです…。

気をつけましょう。


画像14


クシナダ姫と威嚇が溜まっていれば、あとは自由に使ってOKです。


画像15


今回は、威嚇+防御があるので、ループして耐久します。

クシナダ姫を使うタイミングは、「93」「83」~です。

詳細は、第9回くらいのチャレンジダンジョンを参照。

コンボを重ねるのが面倒な人は、100ターン待つ。Σ(´д`;)


画像16


100ターン経過後の防御の目安は、「威嚇があと1」の状態です。


クシナダ姫→威嚇の順番でちゃんと使っておくことが大事。


画像17


コンボ吸収がなくなったら、ただの雑魚になります。

別に切れるまで耐久する必要はないです。
ほかに作業をしながらプレイしていたので、防御ターンだけ気を付けて、あとは適当に消して過ごしてました。


画像18


ゾンビも序盤はW半減になりますが、属性が変わると即死なので、半分からは一気に撃破しましょう。


画像19


半分近くまで減らして、ゾンビが「あと2」の状態で、赤おでんのスキル攻撃で属性を変えれると、安全に撃破できます。


画像20


弱点属性で、2ターンの猶予あり!(`・ω・´)

画像21


赤ソニアを使うまでもなく、撃破。(`・ω・´)


画像22


ゼローグさんは、適当に火ドロップを消すだけのお仕事です。


画像23

撃破。

特に、赤ソニアで火力を出す必要があるシーンもなかったので、タケルの尊はいいんじゃないかと思っています。


画像24

チャレンジダンジョンLv.9ノーコン!

ヒカピィ?ゲットだぜ!!(`・ω・´)



久しぶりに鬼畜度が低めのLv.9で助かりました。

といっても、赤おでんなどのメンツがいないと鬼畜には変わりないのですが…。

敵が、闇属性・木属性が多いので、覚醒ハーデスも有効かもしれないですね。
デフォードはギガグラ2発で属性変えることできますし。


以下、失敗。


画像4

暗闇で見えないんですが、1Fでクシナダ姫を使ってしまったので、

赤ソニア→ミネルヴァで花火にしてみました。

これでワンパンできれば、1Fで防御が使えるので超安定する!


画像5

全然減りませんでした。('A`|||)

落ちコンもなかったので、落ちコンすれば、お父さん呼んでその間に倒せるかもですが…。
(呼ぶかな?)


ではでは、ごきげんよう。